Skip to content

Recent Articles

12
4月

キャッシングの30日間無利息期間

キャッシングのサービスのなかには「無利息期間」サービスがあり、一定期間内は無利息になるというおとくなサービスで、一部の大手消費者金融や銀行カードローンがこのサービスをおこなっています。
「無利息期間」サービスは顧客獲得のために初めてキャッシングを利用する人向けのサービスになっていますが、中には繰り返し利用できる「無利息期間」サービスを設けているノーローンもあります。
無利息期間はそれぞれのキャッシング会社で違いがあり、銀行カードローンでは三井住友銀行の「ゴールドローン」は90日、住信SBIネット銀行の「Mrカードローンプレミアム」は60日、新生銀行グの「レイク」は30日間と180日間、消費者金融のSMBCコンシュマーフィナンスの「プロミス」、三菱UFJフィナンシャルグループの「アコム」は30日間や新生銀行グループの「ノーローン」は7日間の無利息サービスがあります。
無利息期間は、短期で借りて給料日には一括返済をするというときは有効に利用できますが、長期返済を考えているときは、無利息期間があることは総返済額を考えるとさほど効果が有るようには思えません。
無利息期間の利用方法として考えられるのが、これからキャッシングを始めたい人が、申込から融資を受けて、返済をするまでの過程を実体験するために利用するという使い方もあります。キャッシングは契約をしていても、利用しなければ金利を払うこともありませんし、会費も不要なので、急な出費があるときにそなえてカードを1枚作っておくのもよいかもしれません。

31
3月

返済シミュレーションをキャッシングに活かす

ご利用は計画的に、よく聞く言葉です。
よくは耳にするものの実際にはどのように計画を立てていいものなのか悩むものです。
そんなときにはキャッシング ランキングや銀行カードローンの公式ホームページにある返済シミュレーションを使ってみましょう。
返済シミュレーションとはキャッシングの計画を立てていくシミュレーションです。
多くの場合2つのシミュレーションが用意されています。
・借り入れ金額と返済回数から「月々の返済額」をシミュレーション
・借り入れ金額と返済額から「返済回数」をシミュレーション
どちらも使いながら適切な計画を練り上げていきましょう。
それでは使い方をご紹介します。
借り入れ金額が30万円、金利が18.0%で利用を始めるとしましょう。
月々の返済額は1万円程度ではどうでしょうか。
「返済回数」をシミュレーションします。
月々1万円の返済では返済回数40回となりました。
3年を超える期間です。
日割り計算で加算される利息も大きく膨れ上がり利息総額だけで99,463円になってしまいました。
30万円の借り入れでおよそ10万円の利息をプラスして返済しなくてはなりません。
なおかつ3年という月日はあまりにも長すぎます。
そこで今度は「返済額」をシミュレーションしてみます。
長くても2年で完済できるようにしたい、それであれば月々の返済額はいくら用意すればいいのでしょうか。
毎月の返済金額は14,977円、およそ1万5千円です。
予定していた返済額よりは大きくなるものの2年で完済できるとあって利息の総額も先ほどの10万円から格段に下がり58,423円にまでなりました。
このように返済金額と返済回数を繰り返しシミュレーションしながら自分にとって無理のないキャッシング計画を立てていくことができます。
利息は個人でも計算することができますが、返済回数が重なるほどにそれは面倒な計算になっていきます。
いつしか計画を立てることを辞めてしまうかもしれません。
そんなことにならないよう、返済シミュレーションは利用前だけではなく利用後も活用していきましょう。
出来る限り計画に沿いながらそれでも難しい時には臨機応変に、返済をしていくように心がけなくてはなりません。

23
3月

三菱東京ufj銀行でお金を借りる

三菱東京ufj銀行の商品としてカードローン「バンクイック」があり、銀行カードローンの中でも即日融資が可能なことから人気のあるカードローンです。
給料日前で手持ちのお金ではちょっと足りない、といったときに便利なのがカードローンで、三菱東京ufj銀行の「バンクイック」はインターネットからの申込なら最短30分で審査が完了することで、すぐに口座へ振込をしてもらえたり、テレビ窓口から直接申込むと最短40分でカードが発行されるという、銀行カードローンではむつかしい即日融資が可能です。
金利をカードローン 審査 比較すると消費者金融のほとんどのところが利用金利は約4.7%〜18.0%になっていますが、バンクイックの利用金利は4.6%〜14.6%、融資限度額は最大で500万円と、上限金利が大きくちがうのでお金を借りるときの金利負担が期間が長くなるほど大きな差がでます。、また、バンクイックの返済は毎月最低返済額が10万円以下なら2,000円からで10万円増えるごとに2,000円づつ増えていくといった返済金額なので、無理のない返済ができるようになっています。
返済方法も三菱東京ufj銀行の普通貯金口座から自動支払いや、同行ATMや提携コンビニATMが利用でき、会社の帰り道や買い物ついでにコンビンATMを使っての返済は手数料無料で利用できるといった返済方法も、銀行カードローンのお得なサービスで、何よりも大手銀行のカードローンということで安心してキャッシングが始められます。

6
3月

むじんくんの営業時間を知っておこう

「お金を借りようと店舗を訪れたけれど、営業が終了していた!」
このような経験をされた方はいらっしゃいませんか。
急な出費に大変役立つキャッシングですが、店舗によって営業時間は異なっています。
いざというときに慌てないように、店舗の営業時間は確認した上で利用するようにしましょう。
アコムの無人契約機「むじんくん」は全国に1、066店舗営業しています。
その営業時間は、基本的には9:00〜21:00となっています。
土日祝日も同様で、基本的には365日対応となっています。
むじんくんの隣には、通常ATMが設置されています。
そのATM稼働時間も、店舗によって異なっています。
24時間稼働しているATMが全国で960店舗、それ以外は6:00〜0:00の営業時間となっています。
(いずれも2014年5月31日時点)
これらの営業時間を見てみると、むじんくんが非常に便利に利用できることがわかります。
駅前にあるむじんくんで、仕事帰りに契約を行うこともできます。
平日は忙しいので、土日を利用してキャッシングの申込を行うこともできます。
ただし、これらの営業時間は店舗によって異なっています。
また、システム点検等で、急きょ停止する場合もあります。
インターネット上やアコム受付サポートセンターでは、各店舗の営業時間を知ることができます。
急いでおられる方ほど、営業時間については事前に確認しておくようにしましょう。
カードローン 比較なら

3
3月

バンクイックデメリット1・ログインで知れる情報が少ない

会員サービスの充実、消費者金融を利用したことがある方であればそれを充分に感じたでしょう。
ログインをするだけでさまざまなことを利用することができます。
店舗に足を運ぶ必要もなくなんなく会員サービスだけで用が足りるものです。
ところがバンクイック在籍確認の場合、会員サービスはあるものの充実しているとは言い難いものです。
明細書のかなり簡易的なものを確認できる程度のものであり、サービスというものはありません。
住所や電話番号の変更手続きを知ることもできなければ、詳しい利用の明細を知ることもできませんし、増額の申請を行うことも、返済日の変更をすることもできません。
消費者金融に慣れていた方であれば不便に感じるでしょう。
それでは通常のサービスと同じようなものをするにはどうすればいいのかと言えば「第二リテールアカウント支店」です。
こちらは自動音声応答の電話となっていますが、会員サービスの役割を果たしています。
変更手続きや返済日についての変更など細かなことを行うのはすべてこの第二リテールアカウント支店に電話をすることから始めなくてはなりません。
オペレーターと会話をすることも選択できます。
会員サービスと同じ働きになるわけですから、電話番号はチェックしておくことが必要です。
インターネットでログインをして利用することができるサービスであればいつでもどこでもとなりますが、電話となればそうはいきません。
自動音声応答とはいってもこれはバンクイックのデメリットになるでしょう。

3
3月

おまとめローンをする前の準備とは

誰でも申し込みをすることができるのがおまとめローンです。
借り入れ件数が2社以上あり消費者金融からの借り入れ金額をまとめたいときには利用することができます。
ただし、藪から棒に申し込みをするのは得策ではありません。
審査に落ちるようなことがあれば次の申し込みに悪影響を及ぼします。
審査に落ちたという履歴が次の申し込み先を警戒させるからです。
そのためおまとめローンの審査は必ず受かる状態で申し込みをしなくてはなりません。
どのようにすればおまとめローンの審査に受かるのかを考えていきましょう。
審査では通常の消費者金融フリーキャッシングと同様に個人信用情報機関への照会と属性スコアリングがあります。
属性は変えることは難しいものです。
家族構成や勤務先形態、居住形態など簡単に変えることなどできないものです。
希望があるならば個人信用情報機関で照会される情報です。
もちろん過去のものには手を付けることはできません。
一定期間記録されているその情報は必ずチェックされることになります。
それでは何を変えればよいのか、と思われるでしょう。
現在の借り入れ状況です。
現在の借り入れ状況を変えたいからこそのおまとめローンでしょう。
それは十分にわかります。
ただし、今の借り入れ件数が3社、4社と多くなっているのであれば少しでも借り入れ件数を減らしておくことも考えてみましょう。
おまとめための専用ローンではありますが、借り入れ件数が多ければ多いほどに審査は厳しくなります。
融資限度額までに余裕があればそこにまとめながら借り入れ件数を減らしていく方法を考えます。
1社でも減らすことができれば万々歳です。
その完済したカードローンはおまとめローン比較申し込みをする前に解約をしましょう。
複数の借り入れ先があってもそれに対応した審査が行われるのがおまとめローンです。
だからといって借り入れ件数が何社でも問題ないというものでもありません。
申し込みをする前にはできるだけのことをしておきましょう。

26
2月

モビットでの一括返済手数料はかかる?

ローンでは利息を得ることでそれを取り扱っている金融機関に利益がもたらせられるということになります。つまり、利用者が支払う利息によって営業しているというわけですね。ローン等では一括返済や随時返済など、いつでも利用者の方の都合に合わせて返したい時に返してしまえるようになっているものがほとんどです。
利用者にとっては利用期間を短くして軽減できる利息が、金融機関にとっては利益が減ってしまうということになるわけです。そのため、ローンなどを一括返済する際には手数料を設けている金融機関も少なくありません。それによって利益を確保するということで、住宅ローンなどでは繰り上げ返済時に手数料が必要なものも多いですね。
しかしモビットでは、カードローンやキャッシングを利用している方は随時返済や一括返済を行えるようになっています。しかし、早く返済することに対する手数料などは一切必要ありません。
ただし、ATMで返済する場合はその利用に手数料がかかります。1万円以上なら216円、1万円以下なら108円のATM利用手数料がかかります。また、銀行振込でも一括返済などはできますが、この場合は振り込み手数料がかかることになります。
手数料がかかっても随時返済や一括返済することで支払う利息を抑えられるなら、積極的に行うべきでしょう。メリットを把握するためにはこまめにシミュレーションを行うとよいですね。会員サイトのMyモビからもシミュレーション可能です。

18
2月

消費者金融の現状

消費者金融業界はかっては20兆円産業といわれていましたが、金利の引き下げや総量規制の影響を受け、企業としての経営が苦しくなっているのが現状で、ピーク時は2万社をこえる貸金業者が存在していましたが、そういったことから現在は約2、000業者まで減少しています。
消費者金融業者が激減した一番の原因として金利引き下げあります。
以前は29.2%まで認められていましたが、現在は20%までと制限され、他社との競合からさらに金利を引き下げ、現在は18%程度の金利で融資する業者がほとんどで、金利が引き下げられると利益が激減してしまうため経営状況が悪化していきます。
この状況からさらに悪くなった原因として過払い金返還請求があり、以前は黙認されていたグレーゾーンが廃止となり、その金利分の返還を受けられる法律が誕生したため、過払い金請求に要する費用が大幅に増えたため、耐え切れなくなった金融業者は破たんにおいこまれてしまいました。
こういった実情から以前は大手消費者金融として業界をけん引していた「アコム」「プロミス」「レイク」「武富士」「三洋信販」「アイフル」などの大手6社でも倒産するところや、システムやノウハウを提供する代わりに資金提供を受けるために銀行と提携したところや、銀行に店舗や従業員、システムも含め銀行に譲渡し銀行カードローンとして残っているところもあり、現在専業大手貸金業として残っているのは「アイフル」のみとなっています。

15
2月

楽天銀行でおまとめローン

楽天銀行スーパーローンはおまとめ・借換えOKと表立って宣伝している銀行カードローンです。おまとめローンではないのですが、金利年4.9%〜14.5%で限度額最大500万円まで、返済は月々3,000円からのゆとりあるプランが用意されています。楽天銀行口座を持っていなくても利用可能です。
おまとめするのであれば、今よりもより条件の良いローンに借り換えられれば負担は軽くなるわけです。もし消費者金融のキャッシングが何件もあるような状態であれば、おまとめローンと名がついているローンでなくとも、銀行カードローンであればぐっと利息負担を減らす事にはなるでしょう。
おまとめや借換え目的となると、通常よりも審査が厳しくなるのか?という不安があるかもしれませんが、公式サイトには資金使途は自由なカードローンですから申込理由による審査結果の違いはありません、となっています。ただし、通常の場合と審査が変わらない、とすると、あんまり借入件数や金額が多かったりという場合には審査結果に響く可能性はあるかもしれませんね。
このおまとめ・借換え利用にあたって注意したいのが、他社への返済が必須かどうか、という点です。カードローンは資金使途が自由なわけですから、借換えの目的で借りてもそのお金をどう使ったかという所に関しては通常問われません。しかし楽天銀行公式サイトでは、利用目的が借換え・おまとめの場合には融資金で既存の他社借入を必ず返済してください、もししない場合には負担が増大しますといった旨が明記されています。
楽天銀行の口コミでは、利用中の出金停止もあるということが書かれていますが、もしかしたらそういったペナルティもあるのかもわかりませんね。しかし、おまとめや借入れ目的で借りたのでしたら、また違う用途に使ってしまいますと結局借金が増えるだけとなってしまいます。そこはしっかりと返済をして行かなければあとで自分が大変になってしまうだけですから、おまとめ利用でカードローンを利用した際にはきっちりおまとめの用途に融資金を使うよう、自分で気をつけなくてはなりません。
借り入れ金額が100万円を超えてくるとオリックス銀行 おまとめローンのメリットを感じられそうです。

8
2月

キャッシングの返済にatmを使う

学生 お金 借りるキャッシングを始めると、返済が始まりますが、返済の方法にもいろいろあり、店頭からの返済や銀行振り込み、atmを利用した返済方法や口座引き落としなどがあります。
店舗や銀行に行くのも面倒ですし、借金を返すところを人に見られるのはあまり気持ちのよいものではありませんし、忙しいときは営業時間に間違いなくいけるかどうかという心配もあり、口座引き落としは口座にお金が入っていないと返済が遅れてしまうこともあります。
一番簡単な方法として利用できるのが提携コンビニatmで、いちばんのメリットはどこにでも設置されていることで、会社の行きかえりや近所など自分の生活範囲の中には必ずと言ってよいほど設置されていて24時間いつでも利用できるので会社の行きかえりでも時間を気にすることなく利用できます。
このatmで返済ができるというのは非常に便利で、毎月返済にかぎらず繰り上げ返済をしたいときはいつでも返済ができ、ほとんどのキャッシング会社は繰り上げ返済が可能なのでお金に余裕ができたときはいつでも繰り上げ返済ができることから返済期間を短くすることもできます。
また旅行先で小遣いが足りなくなったときでも、提携コンビニatmを利用すればどこに行っても必要なお金をいつでも借りることができ、返済をするにしても提携コンビニatmからの返済は人目を気にすることなく返済ができますが、ちょっと残念なのがこれまで提携コンビニatmの利用手数料は無料で利用できていましたが、貸金業法の改正で利用手数料が必要になっていることです。