Skip to content

Recent Articles

3
3月

おまとめローンをする前の準備とは

誰でも申し込みをすることができるのがおまとめローンです。
借り入れ件数が2社以上あり消費者金融からの借り入れ金額をまとめたいときには利用することができます。
ただし、藪から棒に申し込みをするのは得策ではありません。
審査に落ちるようなことがあれば次の申し込みに悪影響を及ぼします。
審査に落ちたという履歴が次の申し込み先を警戒させるからです。
そのためおまとめローンの審査は必ず受かる状態で申し込みをしなくてはなりません。
どのようにすればおまとめローンの審査に受かるのかを考えていきましょう。
審査では通常の消費者金融フリーキャッシングと同様に個人信用情報機関への照会と属性スコアリングがあります。
属性は変えることは難しいものです。
家族構成や勤務先形態、居住形態など簡単に変えることなどできないものです。
希望があるならば個人信用情報機関で照会される情報です。
もちろん過去のものには手を付けることはできません。
一定期間記録されているその情報は必ずチェックされることになります。
それでは何を変えればよいのか、と思われるでしょう。
現在の借り入れ状況です。
現在の借り入れ状況を変えたいからこそのおまとめローンでしょう。
それは十分にわかります。
ただし、今の借り入れ件数が3社、4社と多くなっているのであれば少しでも借り入れ件数を減らしておくことも考えてみましょう。
おまとめための専用ローンではありますが、借り入れ件数が多ければ多いほどに審査は厳しくなります。
融資限度額までに余裕があればそこにまとめながら借り入れ件数を減らしていく方法を考えます。
1社でも減らすことができれば万々歳です。
その完済したカードローンはおまとめローン比較申し込みをする前に解約をしましょう。
複数の借り入れ先があってもそれに対応した審査が行われるのがおまとめローンです。
だからといって借り入れ件数が何社でも問題ないというものでもありません。
申し込みをする前にはできるだけのことをしておきましょう。

参照:ブラックでも借りやすい消費者金融!自己破産・債務整理の方も相談可

18
2月

消費者金融の現状

消費者金融業界はかっては20兆円産業といわれていましたが、金利の引き下げや総量規制の影響を受け、企業としての経営が苦しくなっているのが現状で、ピーク時は2万社をこえる貸金業者が存在していましたが、そういったことから現在は約2、000業者まで減少しています。
消費者金融業者が激減した一番の原因として金利引き下げあります。
以前は29.2%まで認められていましたが、現在は20%までと制限され、他社との競合からさらに金利を引き下げ、現在は18%程度の金利で融資する業者がほとんどで、金利が引き下げられると利益が激減してしまうため経営状況が悪化していきます。
この状況からさらに悪くなった原因として過払い金返還請求があり、以前は黙認されていたグレーゾーンが廃止となり、その金利分の返還を受けられる法律が誕生したため、過払い金請求に要する費用が大幅に増えたため、耐え切れなくなった金融業者は破たんにおいこまれてしまいました。
こういった実情から以前は大手消費者金融として業界をけん引していた「アコム」「プロミス」「レイク」「武富士」「三洋信販」「アイフル」などの大手6社でも倒産するところや、システムやノウハウを提供する代わりに資金提供を受けるために銀行と提携したところや、銀行に店舗や従業員、システムも含め銀行に譲渡し銀行カードローンとして残っているところもあり、現在専業大手貸金業として残っているのは「アイフル」のみとなっています。