Skip to content

Recent Articles

26
6月

カードでお金を借りる時の注意点

クレジットカードでお金を借りることもできます。いわゆるクレジットカードのキャッシングといわれるものです。これは、最初にクレジットカードにキャッシング枠といわれるお金を借りられる枠を設定しておく必要があります。

クレジットカードの中には、ショッピング枠しかないというものもあります。買い物には利用できても、キャッシングができないものもあります。スーパーやショッピングセンターなどのカードは審査が通りやすく、専業主婦も申し込みやすいということが言われていますがキャッシング機能が付いていないことが多いです。

また、家族カードを利用している場合もメインのカードにはキャッシング機能が付いていても、他のカードはキャッシングできないということもあります。また、限度額が家族カードも含めた合計となっていることもあり、すぐにお金を借りるでも家族が誰か限度額いっぱいまでキャッシングしていると他の方はキャッシングできないこともあります。それぞれのクレジットカードによって規定が違いますので、注意が必要です。

クレジットカード自体のキャッシング機能を利用することは問題ありませんが、ショッピング枠の現金化だけは気を付けなければなりません。現金化業者から商品を購入しそれを業者が再度買取するという形で現金を手に入れる方法ですが、法律違反となっていなくてもクレジットカードを発行している会社に現金化していることが分かってしまえばカードの利用停止となってしまいます。

クレジットカード現金化は、通常の借り入れと比較すれば金利は法外なものとなっていることからも現金が必要な時にも利用しないほうがよいでしょう。

30
5月

コンビニも使える消費者金融のキャッシングはどんな人に向いている?

消費者金融はどんな方に向いているのでしょうか。
そしてどんな使い方が適切なのでしょうか。
金利やサービスの充実から考えていきましょう。

消費者金融はコンビニからの利用も簡単になっています。
借り入れも返済も近くにあるコンビニのATMを利用することができますし、インターネットの会員サービスからの振込キャッシングもインターネット返済も可能になっています。
使いやすい、それが消費者金融です。
しかし金利が高いことも考えなくてはなりません。
金利は利息に直結するものではありますが、借り入れ金額が小さく返済期間が短いのであれば利息は大きなマイナスにはなりません。

これらを踏まえると消費者金融の使い方が見えてきます。
少額キャッシングで短期返済ができるのであれば消費者金融は向いています。
また即日融資も可能性が高くなりますので急な借り入れにも適しています。
借り入れや返済にも自社ATMがなければ利用できないということはありませんのでどんな場所にいたとしても利用することができるでしょう。
それはコンビニATMの利用ができる、インターネットの振込キャッシングや返済ができることも利便性高い理由になっています。

・借り入れ金額が小さいこと
・返済期間が短いこと
・即日キャッシングを希望しているとき
・近くに利用できるキャッシング先がない時

無利息期間を利用すると利息を支払う必要なく完済ができるケースも少なくはありません。
金利が高いと諦めるよりも考えてみましょう。