Skip to content

Recent Articles

14
10月

消費者金融の個人情報の取り扱いについて

消費者金融に申し込むと、必ず必要になるのが身分証明です。氏名や生年月日、自宅電話番号や勤務先情報などを消費者金融側が確認し、それに基づいて消費者金融の審査が行なわれ、問題ないと判断されれば融資が可能になります。
では、契約後の個人情報はどのように取り扱われているのでしょうか。たとえば、プロミスの公式ホームページには次のような記載があります。
第6条 個人情報の登録
加盟先機関は、当該個人情報を以下の期間登録いたします。
加盟先機関 
株式会社シー・アイ・シー
登録期間
1.契約に係る客観的な取引事実 ・契約期間中および契約終了後5年以内
2.債務の支払いを延滞した事実 ・契約期間中および契約終了後5年間
つまり、消費者金融側に情報が残るというよりも、加盟している信用機関に情報が残るということになります。消費者金融以外にも、金融機関には銀行やクレジットカード会社などがありますが、これらの業界はそれぞれに特に加盟している信用情報機関が存在します。
先に述べた株式会社シー・アイ・シー(CIC)も信用機関のひとつです。昨今では多重債務者の増加への対応として、ある信用機関が別の信用機関と提携して、情報を共有することも行われているようです。ですから、もし一度でも破産や長期延滞などの金融事故を起こすと、どの信用機関でもその事実が把握できるので、新規の利用が困難になります。少なくとも5年間は難しいでしょう。
金融事故を防ぐために、計画性を持った借り入れと返済を心掛けましょう。

14
10月

消費者金融の個人情報の取り扱いについて

消費者金融に申し込むと、必ず必要になるのが身分証明です。氏名や生年月日、自宅電話番号や勤務先情報などを消費者金融側が確認し、それに基づいて消費者金融の審査が行なわれ、問題ないと判断されれば融資が可能になります。
では、契約後の個人情報はどのように取り扱われているのでしょうか。たとえば、プロミスの公式ホームページには次のような記載があります。
第6条 個人情報の登録
加盟先機関は、当該個人情報を以下の期間登録いたします。
加盟先機関 
株式会社シー・アイ・シー
登録期間
1.契約に係る客観的な取引事実 ・契約期間中および契約終了後5年以内
2.債務の支払いを延滞した事実 ・契約期間中および契約終了後5年間
つまり、消費者金融側に情報が残るというよりも、加盟している信用機関に情報が残るということになります。消費者金融以外にも、金融機関には銀行やクレジットカード会社などがありますが、これらの業界はそれぞれに特に加盟している信用情報機関が存在します。
先に述べた株式会社シー・アイ・シー(CIC)も信用機関のひとつです。昨今では多重債務者の増加への対応として、ある信用機関が別の信用機関と提携して、情報を共有することも行われているようです。ですから、もし一度でも破産や長期延滞などの金融事故を起こすと、どの信用機関でもその事実が把握できるので、新規の利用が困難になります。少なくとも5年間は難しいでしょう。
金融事故を防ぐために、計画性を持った借り入れと返済を心掛けましょう。

30
9月

消費者金融でキャッシングに使えるのは自社atmだけ?

中堅の消費者金融となれば話は別ではありますが、大手消費者金融ではキャッシング方法はいくつもあります。
お金を借りるためにも返済をするためにも用意が多いということです。
一般的に思い浮かぶのは銀行口座からの引き出しや預け入れにも使われているatmでしょう。
消費者金融でも基本的な使い方はatmとなっています。
その消費者金融が用意している自社atmがあります。
ただし、自社atmの数は限られているものです。
自動契約機などに併設されているのが自社atmになりますので必ず身近にあるというわけではないかもしれません。
そんなときに役立つのはコンビニatmでしょう。
自社atmだけが使えるのではなく提携先としてコンビニatmが利用できます。
24時間365日営業中のコンビニにあるatmになりますのでもちろん利用するときにも時間も曜日も選びません。
それが便利ではありますが借り過ぎには気をつけましょう。
自社atmもメリットがあります。
利用するときに発行される明細書が詳細であるということです。
現在適用されている金利や、返済額の中で元金と利息がいくらであったのか、このまま返済をしていけば完済予定がいつになるのかそれら詳細が記載されています。
また利用手数料も無料になっています。
コンビニatmは便利である反面デメリットもあります。
発行される明細書では細かいことがわかるものではありません。
利用するためにもその都度、利用手数料がかかります。

28
9月

京都の消費者金融

京都で有名な消費者金融は「キャネット」です。キャネットという消費者金融は鹿児島や北海道などにもありますが、全て別会社として経営をしています。京都にあるものは「京都キャネット」と言われており、本店のある京都の他に大阪と滋賀にひとつずつ支店を置いています。個人信用情報センターにブラック情報が登録されている、債務整理や自己破産をしたという方でも、柔軟に審査してくれる消費者金融です。
24時間申し込み可能で即日融資にも対応しており、急いでいる方におすすめです。申し込みフォームを送信し、本人確認書類を送った後に審査が開始されるので、書類を送る方法によっては数日かかることもあります。FAXやメールで送ればすぐに審査を開始してもらえます。
京都キャネットは会員ページ「MY CANET」を提供しており、返済手続きや追加の借入などがオンライン上で行なえるので、利便さは大手消費者金融と遜色ありません。ただし、融資は銀行振込のみで、カードを利用してATMから借入るまたは返済するといったことはできません。そのため、融資できるのは銀行が営業している平日ということになるので、注意が必要です。
返済は銀行振込、郵便書留、店頭で直接支払う方法があります。銀行振込の場合は京都キャネットが指定する銀行口座に振込む形になり、現金書留の場合は申し込んだ店舗まで郵送することになります。現金書留の場合は封筒代や送料、手数料などがかかるので、銀行振込を利用するようにしましょう。店頭での支払いは最寄りに住んでいる方のみ行なう事ができます。

26
6月

カードでお金を借りる時の注意点

クレジットカードでお金を借りることもできます。いわゆるクレジットカードのキャッシングといわれるものです。これは、最初にクレジットカードにキャッシング枠といわれるお金を借りられる枠を設定しておく必要があります。

クレジットカードの中には、ショッピング枠しかないというものもあります。買い物には利用できても、キャッシングができないものもあります。スーパーやショッピングセンターなどのカードは審査が通りやすく、専業主婦も申し込みやすいということが言われていますがキャッシング機能が付いていないことが多いです。

また、家族カードを利用している場合もメインのカードにはキャッシング機能が付いていても、他のカードはキャッシングできないということもあります。また、限度額が家族カードも含めた合計となっていることもあり、すぐにお金を借りるでも家族が誰か限度額いっぱいまでキャッシングしていると他の方はキャッシングできないこともあります。それぞれのクレジットカードによって規定が違いますので、注意が必要です。

クレジットカード自体のキャッシング機能を利用することは問題ありませんが、ショッピング枠の現金化だけは気を付けなければなりません。現金化業者から商品を購入しそれを業者が再度買取するという形で現金を手に入れる方法ですが、法律違反となっていなくてもクレジットカードを発行している会社に現金化していることが分かってしまえばカードの利用停止となってしまいます。

クレジットカード現金化は、通常の借り入れと比較すれば金利は法外なものとなっていることからも現金が必要な時にも利用しないほうがよいでしょう。

30
5月

コンビニも使える消費者金融のキャッシングはどんな人に向いている?

消費者金融はどんな方に向いているのでしょうか。
そしてどんな使い方が適切なのでしょうか。
金利やサービスの充実から考えていきましょう。

消費者金融はコンビニからの利用も簡単になっています。
借り入れも返済も近くにあるコンビニのATMを利用することができますし、インターネットの会員サービスからの振込キャッシングもインターネット返済も可能になっています。
使いやすい、それが消費者金融です。
しかし金利が高いことも考えなくてはなりません。
金利は利息に直結するものではありますが、借り入れ金額が小さく返済期間が短いのであれば利息は大きなマイナスにはなりません。

これらを踏まえると消費者金融の使い方が見えてきます。
少額キャッシングで短期返済ができるのであれば消費者金融は向いています。
また即日融資も可能性が高くなりますので急な借り入れにも適しています。
借り入れや返済にも自社ATMがなければ利用できないということはありませんのでどんな場所にいたとしても利用することができるでしょう。
それはコンビニATMの利用ができる、インターネットの振込キャッシングや返済ができることも利便性高い理由になっています。

・借り入れ金額が小さいこと
・返済期間が短いこと
・即日キャッシングを希望しているとき
・近くに利用できるキャッシング先がない時

無利息期間を利用すると利息を支払う必要なく完済ができるケースも少なくはありません。
金利が高いと諦めるよりも考えてみましょう。